ドリンク剤の受託製造 DAIDO 大同薬品工業株式会社

HOME
企業情報
  • 社長メッセージ
  • 企業理念・行動指針
  • 品質方針
  • 会社概要・沿革
  • 交通アクセス
工場案内
  • 生産体制
  • 第1工場(ライン)
  • 第2工場(ライン)
開発・管理体制
  • 企画開発体制
  • 品質管理体制
  • 品質保証体制
採用情報
  • 先輩メッセージ
  • 営業統括
  • 開発
  • 生産
  • 品質保証
  • 管理
  • 採用担当者の声
  • 募集要項
  • 採用Q&A
会社案内 動画

企画・開発体制

生薬から注目の新素材まで。実績に基づいた豊富なノウハウで、共に新たな価値を創造します。

企画・開発部門のモットーは、お客様のニーズに応える開発力と、製品化までの対応力。年間約50品目の開発に携わり、常に最新の素材とニーズの動向をキャッチしながら、味覚や官能性、風味のバランスの取れた製品をご提案しています。もちろん製品化に至るまでは迅速に対応し、処方設計や試作検討を速やかに実践。ご満足いただける製品開発を確かなステップでサポートします。

開発風景
新たな原料にも常にトライ。長年培ったノウハウを生かし、独自性に富んだ製品開発を可能にしています。

point.1 原料、原薬の情報収集を常に行い、ご要望に沿った味覚・製品をご提案します。

長年にわたる原料・原薬メーカーとの強いパイプによって、最新の情報を常にキャッチ。時代性やトレンドをふまえたマーケティング的な視点で確かな製品開発をお手伝いします。

point.2 営業・開発・資材規格のチーム体制で担当。処方設計から初回製造までトータルで請け負います。

企画開発部門の営業・開発・資材企画の担当者によるチーム体制でバックアップ。これまでの実績を生かし、企画書作成から設計、試作、製品化までトータルで請け負い、高品質をお約束します。

point.3 試作品を提案し、お客様と打ち合わせを重ね、満足度の高い製品化へと共に向かいます。

製品化までは何度も試作を重ね、検討。素材の知識とドリンク化のノウハウをフルに生かした提案を積極的に行い、お客様のご要望にお応えします。

新素材の採用にもフレキシブルに対応します。

取り扱い実績原料(主要原料抜粋)

医薬品・医薬部外品の使用原薬例
  • アスパラギン酸ナトリウム
  • サンザシエキス
  • イソロイシン
  • シアノコバラミン
  • バリン
  • シャクヤクエキス
  • ロイシン
  • ショウキョウエキス
  • アスパラギン酸K.Mg
  • セイヨウサンザシエキス
  • イノシトール
  • チンピエキス
  • 塩化カルニチン
  • トウキエキス
  • 塩酸アルギニン
  • トチュウ流エキス
  • 塩酸フルスルチアミン
  • ヨクイニン流エキス
  • オウセイ流エキス
  • ローヤルゼリー
  • 葛根湯エキス
  • ロクジョウチンキ
  • クエン酸鉄アンモニウム
  • タウリン
  • クコシ流エキス
  • オキソアミヂン
  • グルクロノラクトン
  • ニンジン流エキス
  • ゴミシ流エキス
  • ローヤルゼリーチンキ
  • 酢酸トコフェロール
製料飲料水の使用原料例
  • GABA
  • 米抽出物(セラミド含有)
  • L-カルニチン
  • コラーゲンペプチド
  • L-バリン
  • コンドロイチン蛋白複合体
  • L-ロイシン
  • 食物繊維(ポリデキストロース)
  • L-イソロイシン
  • 大豆ペプチド
  • N-アセチルグルコサミン
  • テアニン
  • α-リポ酸
  • ニンニク
  • アスパラギン酸ナトリウム
  • ハトムギ
  • イチョウ葉
  • ヒアルロン酸
  • ウコン
  • ビルベリーエキス
  • エゾウコギ
  • フィッシュエラスチン
  • オタネニンジン
  • プロポリスエキス
  • ガルシニア
  • ヘマトコッカス
  • グルコサミン
  • マカ
  • グロビン蛋白加水分解物
  • メシマコブ
  • 酵母エキス
  • メチルヘスペリジン
  • 高麗人参エキス
  • 葉酸
  • コエンザイムQ10
  • ローヤルゼリー

Staff Voice 企画・開発体制

スピードと正確さ、新素材の研究で「真似できないものづくり」を目指します。

開発部 商品開発課 Y・Y

処方設計やラボ試作、実製造適正判断など、主に清涼飲料水の開発を担当しています。やはり私が担当した試作品が製品化に至り、街角で見かけた時はとてもやりがいを感じます。最近はドリンクが多様化し、機能やターゲットが多岐にわたっているため、いつも時代の流れをキャッチしておくことが必須。日頃から新素材に意識を向け、スピードと正確さを守りながら、他にないユニークな商品開発を心がけています。