ドリンク剤の受託製造 DAIDO 大同薬品工業株式会社

HOME
企業情報
  • 社長メッセージ
  • 企業理念・行動指針
  • 品質方針
  • 会社概要・沿革
  • 交通アクセス
工場案内
  • 生産体制
  • 第1工場(ライン)
  • 第2工場(ライン)
開発・管理体制
  • 企画開発体制
  • 品質管理体制
  • 品質保証体制
採用情報
  • 先輩メッセージ
  • 営業統括
  • 開発
  • 生産
  • 品質保証
  • 管理
  • 採用担当者の声
  • 募集要項
  • 採用Q&A
会社案内 動画

先輩社員が語る、わたしの"change" [先輩メッセージ] 開発 Development

開発 Development:もっと専門性を。もっと経験を。足らない部分を身につけながら信頼される開発担当へと成長したいです。 開発部 仲村 恵美可 大学卒 2010年入社
Q1 大同薬品工業を選んだ理由と、今の仕事内容は?
文系出身ながら開発部の所属へ。ご要望に沿った試作品作りに取り組んでいます。

就職活動中、地元での就職先を視野に入れはじめた矢先に出合ったのが大同薬品工業でした。ドリンク剤のOEM企業のため、さまざまな企業とつながりがあること、また選考を通して個人ひとり一人に向き合っていただいている印象を受け、入社したいという気持ちが高まりました。私は文系学部の出身ですが、開発職への配属を提案いただき、少し迷った末にやってみようと決意。ドリンク剤の処方設計や試作検討など、お客様のご要望に沿った試作品作りに日々取り組んでいます。

Q2 開発の仕事の楽しさ、難しさは?
お客様と何度もやりとりを繰り返した製品がラインにのったときの喜びはひとしおです

文系出身ということもあり、理系や生産現場の知識が必要になること、そして希望されている商品に近づけることの難しさを痛感しています。疑問に感じることがあれば、先輩方に質問して解決へ。実際、先輩方が作られた実績から学ぶことがほとんどです。苦労の末、私が関わった製品が製造ラインにのって完成したときは何よりの安堵と喜びを感じますね。お客様とのやりとりなどのさまざまな過程があるため、それだけ製品に対する深い思い入れをもつことができます。

Q3 仕事を通じた成長と、今後の目標は?
もっと経験を積んで知識を身につけ、周囲の人に信頼される人になるのが目標です。

試作品作りにおいては、どんな処方をするのかという意志決定がつねに求められるため、この仕事を通じて自分で判断することの責任の重さを意識できるようになったと思います。知識も経験も不十分なことばかりですから、今後もいろいろな経験を積み重ね、確実に今後の仕事に生かせる知識を身につけたいというのがひとまずの目標。そして自信をもって仕事に取り組み、お客様にも周囲のスタッフにも信頼される人になりたいと思っています。

Q4 学生さんへのメッセージ
誰もが知っている商品のはじまりに関われる仕事です。

大同薬品工業は、世間の大半の人が知らない企業です。しかし、世間の多くの人が知っている商品のはじまりに関われる企業です。

  • 採用担当者メッセージ
  • 募集要項
  • 採用Q&A